インフルエンザの治療薬リレンザについて説明する女性

リレンザという薬を知っていますか?インフルエンザに対する治療薬として販売されていますが、吸入タイプであることから、インフルエンザウイルスが増殖しやすい気道の粘膜部分に成分が行き渡るので即効性が高いです。

おたふくに似たインフルをリレンザで5日未満に短縮

 インフルエンザは初期症状がおたふくかぜと似ていることがあり、医療機関でも区別がつかないこともあります。インフルエンザかどうかを判定する検査キットは、ウィルスがある程度増殖してからでないと正確な判断ができないため、医者も迷うわけです。念のため、とリレンザが処方されることもありますが、結局おたふくだったということもあり得ます。
 現在は、感染のごく初期でもインフルエンザかどうか判定できる技術が開発されています。この技術が普及すれば、そうしたことも防げますし、より早い時期にリレンザを吸入することが可能になりますので、ウィルスの増殖を防ぐという役割を、より効果的に発揮できるようになるでしょう。現在は、感染後、12時間から24時間、あるいはもっと経過しないと、インフルエンザに感染しているかどうか判別できません。リレンザは、感染後48時間以内に使用するのが鉄則ですので、はっきりと判定できる頃には、もう使えなくなっているいうこともあります。
 インフルエンザは、風邪の一種ですので、安静にして寝ていれば、5日から1週間程度で治癒することがほとんどです。しかし、インフルエンザの流行シーズンである年末年始、または受験シーズンに感染し、一刻も早い回復を望んでいる場合は、感染初期にリレンザを使用し、ウィルスの増殖を阻止することで治癒までの期間を短縮することができます。リレンザは、吸入薬であり、インフルエンザウィルスが主に侵入するのどの粘膜にピンポイントで入り込むことができます。そのため、即効性があり、いち早くウィルスの増殖をストップさせられます。飲み薬だと、消化器系をひととおり通過してから患部に届きますので、それだけ効果を発揮するのに時間がかかります。全身に影響を及ぼしもしますので、副作用の可能性も増します。吸入は、呼吸器系疾患の治療にも用いられている方法で、理にかなっていると言えるでしょう。
 気をつけなければならないのは、気管支に疾患のある場合です。粉末を吸入することによって、気管支を刺激し、悪影響を及ぼすことがあります。特に喘息の患者に使用する場合は、先に気管支を拡張する措置をおこなうことが望まれます。喘息の患者がインフルエンザに感染するのを防いだり、感染後に即効性のある治療をするのは大事なことです。適切な方法をとれるなら、避ける必要はないでしょう。治癒期間を短縮できるということは、悪化させる危険性も減らせるということです。
 

関連記事Related article

記事一覧へ