インフルエンザの治療薬リレンザについて説明する女性

リレンザという薬を知っていますか?インフルエンザに対する治療薬として販売されていますが、吸入タイプであることから、インフルエンザウイルスが増殖しやすい気道の粘膜部分に成分が行き渡るので即効性が高いです。

リレンザも筋肉注射も健康保険は適用されない

 インフルエンザの予防対策としては、筋肉注射の予防接種が一般的ですが、健康保険が効きません。リレンザは、インフルエンザ感染者が使用する場合は健康保険が適用されますが、予防のために使用することが認められる場合に使用すると、健康保険がやはり効きません。リレンザは吸入型ですので、注射が苦手な子どもなどは、心情的にリレンザを希望するでしょう。予防接種は希望すれば受けられますが、リレンザを予防のために用いることにはあいにく制限があり、希望する人は少なくないものの、使用できる人はほとんどいません。
 インフルエンザの感染予防のためにリレンザが使えるのは、一緒に住む家族に感染者がいる65歳以上のお年寄りか、呼吸器系などの患者に限られます。中には医師の判断で処方できる都道府県もありますが、ほとんどの地域では希望してもかないません。これは、多用によって耐性のあるウィルスが出現する危険性が高まるからです。タミフルはリレンザよりもかなり多く使用されてきましたが、耐性のあるウィルスが出現しています。リレンザへの耐性があるウィルスも、今後出現するのではないかと危ぶまれています。
 ただ、高齢者や呼吸器系などの患者が予防的に使用できるということは、安全性にそれほど心配がないと解釈し、インフルエンザにかかるわけにはいかない事情があるからどうしてもリレンザを使いたいと希望する人はいるようです。予防のために使用した時に、最大の効果が得られるとも言える薬であるため、通販で自己責任で入手するケースもあるようです。医学的知識がない状態での使用となりますので、その場合は広く情報を集め、副作用の最新情報の入手などもしたうえでの慎重な検討が求められます。

関連記事Related article

記事一覧へ