インフルエンザの治療薬リレンザについて説明する女性

リレンザという薬を知っていますか?インフルエンザに対する治療薬として販売されていますが、吸入タイプであることから、インフルエンザウイルスが増殖しやすい気道の粘膜部分に成分が行き渡るので即効性が高いです。

吸入剤リレンザの飲み薬との違い、副作用には下痢も

 インフルエンザの治療薬リレンザは、吸入型の薬です。飲み薬との違いは、インフルエンザウィルスが侵入して増殖をおこなっているのどの奥の患部に、直接入り込めることです。インフルエンザウィルスが侵入するように、リレンザもそこに入り込み、ウィルスの増殖を妨げます。飲み薬だと、消化器系を経由してから患部に届けられますので、即効性という観点からは吸入型のほうが優れていると言えます。インフルエンザウィルスの増殖を防ぐのが役割ですから、一刻を争います。ウィルスは感染してから48時間後には全身に拡散します。そのあとは増殖しなくなりますので、48時間以内に、しかもより早い時期に使用することが大事です。ウィルスが拡散し切って、増殖をやめたあとに使用しても効果は得られません。吸入型であれ、飲み薬であれ、ウィルスを死滅させる働きはなく、増殖を止める役割をする薬だからです。そのため、ウィルスが増殖中の場所にいち早く届けられる吸入型のほうが、効果が得られやすくなります。リレンザは、飲み薬より、解熱までの時間をかなり短縮できます。インフルエンザのA型でもB型でもそのことが実証されていますが、特にB型では、17時間も短いことが確かめられています。少しでも早く職場復帰したいと願う患者は多いですから、これは大きな意味を持つことです。解熱剤のように、無理に熱だけを下げたのではありません。リレンザに直接熱を下げる働きはなく、ウィルスの増殖を妨げる働きだけをします。ウィルスは数を増やせず、少ないままその場所にとどまるしかなくなります。体の中の免疫細胞がそれを見つけて撃滅します。ウィルスの数が少なく、限られた場所にしかいなければ、ウィルスを死滅させるのは簡単で、短時間で済みます。ウィルスがいなくなれば、高熱を出して免疫細胞の活性を上げておく必要がなくなるので、熱は下がります。この薬は、結果的に熱を下げることに貢献しているわけです。
 また、飲み薬だと、成分が全身に行き渡ります。感染初期に、ウィルスの侵入場所にピンポイントで成分を届けたほうが、副作用の可能性を減らすことができます。薬の影響を、必要としない場所には及ぼさなくて済みます。
 リレンザの副作用には、下痢や発疹、吐き気、嘔吐、嗅覚障害などがあります。飲み薬に比べて、致命的なものは報告されていません。ただ、使用数が飲み薬に比べて圧倒的に少ないので、副作用には常に注意を払って適切な対処をすることが求められます。

関連記事Related article

記事一覧へ