インフルエンザの治療薬リレンザについて説明する女性

リレンザという薬を知っていますか?インフルエンザに対する治療薬として販売されていますが、吸入タイプであることから、インフルエンザウイルスが増殖しやすい気道の粘膜部分に成分が行き渡るので即効性が高いです。

定期的に流行る感染力の強いインフルエンザはリレンザ

感染力が強いインフルエンザにはリレンザ気温が下がると、インフルエンザウイルスが活発になるため、老若男女問わず感染しやすくなります。
強い感染力のあるインフルエンザが定期的に流行するのは仕方がないことなので、寒い季節はうがいや手洗い、マスクなどを欠かさないようにしてください。
インフルエンザの症状は風邪によく似ていますが、頭痛がしたり、38度以上の高熱が出るので、布団から起き上がれなくなります。
他にも関節痛や筋肉痛で、体を動かすのが辛くなりますし、悪寒や吐き気もするので、周囲への感染を防ぐためにも、症状が治まるまではじっとしておかなくてはなりません。
インフルエンザウイルスに感染した際の潜伏期間は1~3日程度で、次第に寒気を感じるようになったり、熱が高くなっていきます。
インフルエンザにはA、B、Cの3つのタイプがありますが、A型は38~40度の高熱が出る場合がほとんどで、B型やC型の場合はそれほど高くはならないものの、B型は熱が下がりにくいといわれています。
熱が出るのは風邪でも同じですが、インフルエンザの場合は体力のないお年寄りや幼児が発症すると重症化しやすいので、体の具合が悪いと感じたら、すぐにお医者さんに診てもらうようにしましょう。
インフルエンザにかかった際、発症から48時間以内にリレンザを吸入すれば、通常よりも1日や2日は早く回復することが出来ます。
リレンザは最低でも5日間は続けた方が良い薬なので、たとえ熱が途中で体調が良くなったとしても、きちんと服用することが大切です。
この薬はタミフルのような錠剤ではなく吸入薬なので、吸入剤を気道にあてて、体内に摂り込まなければなりません。
直接薬剤が気道にあたるので、インフルエンザウイルスの増殖を抑えやすく、重症化を防ぐことが出来ます。
タミフルには異常行動などの副作用が起こる場合がありますが、吸入薬のリレンザならそこまでの強い副作用はないと考えられているので、安心して飲むようにしてください。
ただしこの薬は48時間以内に服用しないと、効果がないので注意が必要です。
これ以上過ぎてから服用すると、すでにウイルスが全身にまわっているため、ほとんど効果を期待することは出来ません。
インフルエンザの初期症状があらわれたらすぐに使用すれば、ウイルスが全身にまわる前に抑えられるので、いざというときのために手元に用意しておくと良いでしょう。
病院で処方してもらわなくても、個人輸入代行通販に注文すれば送ってもらえるので、冬が近づいたら購入しておくことをおすすめします。

関連記事Related article

記事一覧へ